クラウンパレス小倉に家族で宿泊!近場でのんびり旅気分を満喫です!(1日目)

お出かけ記事

 こんにちは!hiromama-minのブログへの訪問ありがとうございます。2022年7月に入り連日の猛暑でバテバテの毎日です。今日は7月の2日と3日の土日を利用して、家族で福岡県北九州市小倉へ1泊のお泊りを計画して、のんびり旅気分にひたった思い出などを日記(レビュー)にしてみました。

 

 こちらの日記はどなたのお役にも立たないかもしれませんが、私の気ままに書いてみようと思います。

 

クラウンパレス小倉に家族で宿泊!近場でのんびり旅気分を満喫です!

 

 2年前の2020年1月以来、近年の状況的に外出自粛を家族で心掛けていて、県外など宿泊を兼ねた旅行には出かける事はありませんでした。

 

 2022年の5月あたりから外出制限も緩和されてきた事ですし、そろそろ気分転換に家族で1泊のお出かけがしたいと思い、先ずは近場(?)の北九州小倉に宿泊を兼ねた旅行に行く事になりました。

 

お出かけのスケジュールについて

 

そのざっくりした当日と翌日のスケジュールはこんな感じでした。

 

<img src="photo.jpg" alt="スケジュールについての写真">

 

 

そして翌日はこんな感じです。

 

<img src="photo.jpg" alt="703の写真">

 

自宅を出発してリバーウォーク北九州に到着です!

 

 7月2日(土)は前日までの天気の良さがウソみたいにどんよりした天気となりました。それは台風3号の影響によるものでした。お出かけの日に強風と雨かと思うと少しへこみますが、晴れ間もある天気なのでまだ良かったと思います。

 

 そして山口県にある自宅を出発して下道を通り、関門トンネルを抜けて北九州へとやってきました。久しぶりの北九州です。お隣の県ですが(汗)

 

 そして初日の目的地である、【リバーウォーク北九州】へ到着しました。

 

 こちらの駐車場は立体駐車場になっていて朝早く行くと【ワンデイパスカード】なるものを獲得できます。これは3時間以上リバーウォーク北九州の駐車場を利用する人にはお得な駐車券となっています。定額700円です。(2022年7月現在)

 

リバーウォーク北九州駐車場の【ワンデイパスカード】をご存じないという方はこちらに関連記事があります。

 

リバーウォーク北九州の駐車場で使えるワンデイパスカードとは?!
リバーウォーク北九州のワンデイパスカードとは、1日(24時間)定額で駐車できて、日中の車の入庫も出庫も何度でもできるという、とても万能でお得なチケットです。ただ気を付けたいのは1日限定100枚のみ発行のチケットである点です。ワンデイチケットでの駐車場の利用は短時間には不向きでありますが、2時間30分以上利用する事が分っているのであればお得になりますね。ワンデイチケットは長時間の利用になるほど定額でお得に利用できるチケットです。お財布に優しいです!

 

 

 リバーウォーク北九州の駐車場に車を止めて店内通路へ出ると久々のいい景色でした。遠くの正面に見えるホテルがこの日にお泊りする「ホテルクラウンパレス小倉」です。ちょっと分かりにくいですね。

 

<img src="photo.jpg" alt="景色の写真">

 

 

 少し歩いて外を見渡すと、緑に囲まれた小倉城が見えてきました。天守閣が見えます!まだ天気はもっているので嬉しいです。空も青空ですね、台風来るのかな?

 

<img src="photo.jpg" alt="小倉城の写真">

 

 私はゆっくりと景色を楽しんでいると、子供たちは足早に「北九州市立美術館分館」を目指していました。すでにはるか向こうに移動している様子でした。子供は身軽で歩くのも速いですね。

 

<img src="photo.jpg" alt="北九州市立美術館分館の写真">

 

 市立美術館分館へ近づくほど、ストリートファイター展のカンバンが多くなり子供たちのテンションはMaxになりつつありました!

 

<img src="photo.jpg" alt="ストリートファイター展の写真">

 

無事に目的地の【北九州市立美術館分館】へ到着しました。

 

<img src="photo.jpg" alt="美術館分館の写真">

 

 こちらでは期間限定で【ストリートファイター俺より強いやつらの世界展】が開かれています。美術館分館の体温測定器は始めて見るタイプで、とてもハイテクでした。検温チェックもしっかりと管理されていましたので安心できました。

 

 【ストリートファイター俺より強いやつらの世界展】については、こちらの日記には、私が感じた事を私なりの表現や感想にとどめていますが、実際にストリートファイター展を体感すると一人ひとりの思入れにより感動するポイント、魅力または懐かしさが違う事もあると思いますので、興味のある方はストリートファイター展に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

ストリートファイター展【北九州】を楽しむ7つのポイントとは?!
こちらの記事(日記)では、今、福岡県北九州市で開催中の「ストリートファイター展」俺より強いやつらの世界展へ家族で観に行った時のお話をしてみたいと思います。私の住まいからやや離れた北九州市では、現在「ストリートファイター俺より強いやつらの世界展」と題した展示会が北九州市立美術館【分館】で開催されています。  【ストリートファイター展 俺より強いやつらの世界展】は東京や福岡県博多などで開催されていました人気の展示会です。そしてついに北九州市での開催が決定しました。  うちの下の子は「ストリートファイターⅡ」が好きで、任天堂switch版のゲームを買うほどです。ストリートファイターⅡはうちの子の世代ではありませんでしたが、個性あふれるキャラクターや技の数々と格闘ゲームの元祖と言われるゲームである事から、その要素や魅力に引き付けられてのめり込んでいったようにも思います。そしてストリートファイター展北九州会場(リバーウォーク5階北九州市立美術館 分館)はどうにか観に行ける範囲の外出距離であったので家族で観に行くことになりました。【ストリートファイター俺より強いやつらの世界展北九州会場】での見どころ(楽しむポイント)を、私が思う7つのポイントとして紹介してみたいと思います。

 

 

 この日は運よくイラストを描かれている「あきまん先生によるライブドローイング」がイベントとして開催されていました。多くの人が静かに見守る中、あきまん先生はライブで長い時間集中してイラストを描かれていました。アーティストですね!

 

 初めてライブドローイングというものを拝見しましたが、白いキャンパスに描かれていくリュウは時間を追うごとに躍動感がみなぎって行きますね。残念ながら長い時間見守る事はできませんでしたが、夕方のTwitterで完成したリュウの肖像画を見ました。うちの子はカッコイイと喜んでいました。ゴールドの背景に描かれたモノクロのリュウは私もカッコいいと思いました。

 

 小学生の下の子はTwitterであきまん先生のツイートにコメントをつぶやいていました。

 

<img src="photo.jpg" alt="Twitterの写真">

 

 あきまん先生には届かないかもしれませんがこのような素敵なイベントにライブで芸術に触れる機会ができてとても嬉しいです、ありがとうございます。子供にいい体験をさせてあげられる事ができました。

 

 

リバーウォークのポムの樹でランチにしました!

 

そして、リバーウォーク内のレストランで食事をしようということになり、子供たちのリクエストにより「ポムの樹」さんのオムライスを食べる事にしました。

 

<img src="photo.jpg" alt="ポムの樹の写真">

 

デミグラスオムライスです!

<img src="photo.jpg" alt="omuの写真">

 

カルボナーラとパンです!

<img src="photo.jpg" alt="omu2の写真">

 

蒸し鶏の糖質オフケチャップオムライスです!

<img src="photo.jpg" alt="omu3の写真">

 

定番のケチャップのオムライスです!

<img src="photo.jpg" alt="omu4のイメージの写真">

 

 店内は昼過ぎという事もあり席は待つこともなく座れて良かったです。時折窓の外の天気がどんよりとしてきましたが、まだ雨は大丈夫そうでした。リーズナブルな価格で美味しいオムライスにとても満足です、ポムの樹さんご馳走様でした!

 

リバーウォークのABCMARTでカジュアルシューズを購入!

 

 食事の後は散歩がてらにリバーウォーク内を見て回りました。久しぶりにリバーウォークに来ましたね。ふとABCMARTに立ち寄ると一足の靴が気になったので、履いてみるとデザインもサイズもいい感じなので即決で購入しました。夏に向けていい買い物ができました。

 

購入した靴はこちらです。涼しげで履き心地抜群です。早速、履き替えて歩きましたよ。

(カジュアルシューズは約20%オフでした)

<img src="photo.jpg" alt="くつの写真">

 

いざ!小倉城の天守閣へ

 

 リバーウォークを見て周り、そろそろ小倉城へ行こうとなり、表にでると曇っていましたが、気温が高く暑かったです。(昼過ぎですから普通に熱いですよね。)

 

 

<img src="photo.jpg" alt="リバーウォークの写真">

 

看板の示す方へ従い小倉城へ出発です!

<img src="photo.jpg" alt="カンバンの写真">

 

小倉城とお堀です。石垣が高いお城は下からの見るのもいいですね!

<img src="photo.jpg" alt="小倉城の写真">

 

 そしてお城を眺めて歩きながら「しろテラス」へ立ち寄り暑さをしのぎました。リバーウォークを出てから数分しかたっていませんが、とても暑かったです。クールダウンと合わせてストリートファイターのスタンプラリーのスタンプも頂きました。お店で涼をとった後は小倉城へ向けて再び出発です。

 

<img src="photo.jpg" alt="石垣の写真">

 

こちらは小倉城の天守閣から見えるシャチホコです。

<img src="photo.jpg" alt="kokurajyouしゃちほこの写真">

 

 小倉城へ入場して天守閣まで上がり景色を楽しみました。こちらでもストリートファイターのスタンプラリーポイントがあり、無事にスタンプを押すことができました。小倉城はリュウでしたね!

 

 

 

小倉祇園 八坂神社へお参りです。

 

 小倉城の天守閣へ登った後は、流れで小倉祇園八坂神社へお参りに行きました。子供たちはちょっとお疲れの様子でしたが、私はお参りして「御朱印」を頂く事を念頭に置いていたので疲れは気になりませんでした。

 

<img src="photo.jpg" alt="八坂神社の写真">

 

小倉祇園八坂神社の楼門をくぐり八坂神社へ向かいます。

<img src="photo.jpg" alt="八坂神社へお参りの写真">

 

 こちらが小倉祇園八坂神社です。御祭神は伊勢の天照大御神(アマテラスオオミカミ)の弟神であられます須佐之男命(スサノオノミコト)となっています。

<img src="photo.jpg" alt="yasakajinnjyaの写真">

 

頂いた小倉祇園八坂神社の御朱印がこちらです。

<img src="photo.jpg" alt="小倉祇園八坂神社へお参りの写真">

 

 

いよいよホテルクラウンパレス小倉へチェックインです!

 

 リバーウォーク北九州の駐車場を後にして、家族はホテルクラウンパレス小倉へ向かいました。リバーウォーク北九州からさほど離れていない距離で、紫川のほとりに立つブラウンの外壁にグリーンのパネルが特徴的なリバーサイドにあるホテルです。こちらが宿泊した【ホテルクラウンパレス小倉】です。

 

<img src="photo.jpg" alt="ホテルの写真">

 

 

リバーウォーク北九州から車で約5分の場所にホテルはあります。

<img src="photo.jpg" alt="クラウンパレス小倉の写真">

 

旅先で久しぶりの宿泊で、とても嬉しいです。

<img src="photo.jpg" alt="クラウンパレス小倉の写真">

 

 ホテルクラウンパレス小倉の立体駐車場に車を預けて、ホテルのフロントにてチェックインし、検温と受付を済ませてホテルマンの案内でエレベーターに乗り客室へ向かいました。ホテルの方は親切な対応でとても接しやすかったです。

 

こちらは客室に向かう廊下の写真です。廊下がホテルの雰囲気とマッチしてがきれいですね!

 

<img src="photo.jpg" alt="ほてるの写真">

 

 客室へ着くと旅の疲れ(歩き疲れ?)が飛んでいくようでした!気分もリフレッシュです!子供たちは客室へ着くなりベットへダイブしていました。ベットでゴロゴロして気持ちいいのはわかるけど、シャワー浴びてからにしてとちょっぴり思いましたね。

 

 窓を覗くとさっきまでいたリバーウォーク北九州が紫川と一緒によく見えます。手前にはコメダ珈琲も見えますね。しかしまた一段と空がどんよりしてきました。外出中の天気が気になりました。

 

<img src="photo.jpg" alt="窓の写真">

 

 夕方に備えて椅子に座りTVを見ながら少し休憩です。一旦休憩すると動きたく無いですね。でも、じっとしているのは時間がもったいないし。結局、1時間くらい休憩してホテルから出て魚町あたりに出かける事にしました。

 

<img src="photo.jpg" alt="部屋の写真">

 

夕食は【ラルコーンL’ARC-CORN)】の手作りハンバーグを頂きました!

 

 魚町などのアクセスには抜群の立地条件のホテルクラウンパレス小倉です。繫華街が近いと歩くのも楽しいですね!遠くには小倉城が見えます。ここは井筒屋の新館と本館付近です。

 

<img src="photo.jpg" alt="井筒屋の写真">

 

 久しぶりの魚町なので、しばらく歩いてみました。週末の土曜日という事もあり多くの人が行き来しています。やはりこの辺りの飲食店は、焼肉店、ホルモン、もつ鍋、焼鳥、居酒屋、が多いですよね。一蘭のラーメンも食べたかったのですが今回は見送りです。残念。

 

 結局、小倉駅前まできて折り返し初めにチェックしていたハンバーグのお店で夕食を取る事にしました。お店の名前は【ラルコーンL’ARC-CORN)】さんです。こちらは手作りハンバーグのお店です。お店の雰囲気も良くオシャレなお店で子供たちも落ち着いて食事ができました。ラルコーンさんのお店はよくテレビ番組などの取材があるのですね。階段にはサイン色紙がたくさん飾られていました。

 

<img src="photo.jpg" alt="ハンバーグの写真">

 

美味しいハンバーグご馳走様でした。

<img src="photo.jpg" alt="ハンバーグのお店の写真">

 

ラルコーンさんのお店を出て、ホテルに戻る途中にリバーウォーク方面を歩いて散策しました。夕暮れ前の小倉です。

 

<img src="photo.jpg" alt="夜景の写真">

 

夕暮れ時のリバーウォークと小倉城です。

<img src="photo.jpg" alt="小倉の写真">

 

こちらはビルに映る小倉城の写真です。

<img src="photo.jpg" alt="ビルに映るお城の写真">

 

近隣のビルが鏡のように小倉城を映しています。綺麗ですね!

<img src="photo.jpg" alt="小倉城の写真">

 

小倉城が夜のライトアップを始めました。お城の存在感がより高まりますね。

<img src="photo.jpg" alt="お城のライトアップの写真">

 

夜のホテルクラウンパレス小倉です。建物がオシャレですね!

<img src="photo.jpg" alt="ホテルの写真">

 

アート作品の知られざる秘密について

 

 ホテルクラウンパレス小倉の前の道路沿いにあるアート作品がこちらです。パッと見たらスパゲティーの麺の「ペンネ」に見えていましたが、そのように見えていたのは私だけではなかったようです!

 

<img src="photo.jpg" alt="ペンネイメージの写真">

 

 というのも、2022年7月19日放送(2時間SP)にてマツコ・デラックスさんが出演する日テレの番組【月曜から夜ふかし】内の【全国ご当地問題】のコーナーでスタッフさんによる、「こちらのアート作品は何に見えますか?」の街頭インタビューのVTRで回答した人が「ペンネ」と答えていました。番組のコーナーで言う所の「ペンネにしか見えない問題」ですね。

 

 答えはひまわりと太陽をモチーフにした作品で「ひまわりの影」が出来るトリックアートの作品という事でした。白い筒の中に太陽の光が当たると【影がひまわりになる】そうです!春分の日と秋分の日あたりで見られるそうですが、出演し真相を語ってくれた市の担当者さん自身もまだ【ひまわりの影】を見たことがないという事でした。

 

 番組内で「スパゲティーの麵であるペンネ」を使い光を当てて再現して検証した結果、無事にひまわりの影が見えました。【月曜から夜ふかし】面白かったです。マツコ・デラックスさん、坂本さんありがとうございます。気になっていたモヤモヤが解決しました。

 

 

ホテルに到着です!

 

 こちらは、ホテルのロビーに飾られたお花です。綺麗に咲いていますね!ピンクの花はダリアかな?確か花言葉は「優雅、気品」だったように思います。

 

<img src="photo.jpg" alt="ホテルのの写真">

 

 夕方のお出かけから最後は7-11に立ち寄り、ジュースなどの飲料を買い物してホテルに戻りゆっくりとTVを見たりして過ごしました。ホテルクラウンパレス小倉のすぐ目の前に7-11があるので、ちょっとした買い物にも便利ですね!その後、子供たちはシャワーを浴びたらすぐに寝てしまいました。今日は良く歩きましたね、お疲れ様でした。

 

<img src="photo.jpg" alt="ホテルの写真">

 

 

最後に

 

 今回は私の気の向くままに小倉で過ごした初日の思い出を日記を書いてみました。最後まで読んでくださる方がいればとても嬉しい気持ちです。本当にありがとうございます。

 

 【クラウンパレス小倉に家族で宿泊!近場でのんびり旅気分を満喫です!(1日目)】と題して日記(レビュー)を書いてきましたが、また2日目については続編として書いてみたいと思います。

 

乱文失礼しました。