当サイトはプロモーション広告を利用しています

【花咲舞が黙ってない(2024)】楽しみ!ドラマの感想を書いていきます!

遊び・学び記事
この記事は約4分で読めます。

 hiromama-miniのブログへの訪問ありがとうございます。2024年4月13日(土)の21時から放送される「花咲舞が黙ってない」が新たなキャストで構成されますね。まだ放送前ですが、とても楽しみです。こちらのブログでは、ドラマを見た感想などを毎週書いて行こうと思います。

 

「花咲舞が黙ってない」とは!?

 

<img src="photo.jpg" alt="桜のイメージの写真">

 

 ドラマ、花咲舞とは、原作者の池井戸潤先生による小説「不祥事」「花咲舞が黙ってない」をドラマ化したものです。花咲舞は曲がった事が大嫌いな人柄で銀行という厳しい世界で巻き起こる理不

尽な事に力一杯立ち向かう女性を描いた作品と思います。花咲舞の活躍が見どころですね。

 

 

 

 前作では、花咲舞を杏さんが主演で、パートナーの相馬健を上川隆也さんが演じています。窓口業務担当(テーラー)の花咲舞が【臨店】という職務になり、相馬健と共に問題のある支店へ向かい解決に導くストーリーが爽快なドラマでした。

 

 今回はキャストも一新され、新たな「花咲舞が黙ってない」としてドラマが放送されるので今からとても楽しみです。

 

 

 

「花咲舞が黙ってない(2024)」の登場人物(キャスト)は?

 

こちらでは主な登場人物の紹介します。

 

花咲舞・・・今田美桜さん

 

相馬健・・・山本耕史さん

 

昇仙峡玲子・・菊地凛子さん

 

花咲健・・・上川隆也さん

 

前作では相馬健役を務めた上川隆也さんが、相馬健役を務めていますね。

 

 

 

「花咲舞が黙ってない(2024)」ドラマの感想です。

 

 こちらでは、2024年4月13日(土)から始まるドラマの感想を毎週書き足し、追記していきたいと思います。

 

 

【花咲舞が黙ってない2024】ドラマ第1話の感想です。

 

 2024年で新たに新キャストで放送されるドラマ「花咲舞が黙ってない」が4月13日にいよいよ、地上波TVで放送が始まりましたね!

 

 第1話のドラマを見た感想ですが、花咲舞(今田美桜さん)の熱演がとても良かったですね。前作と比較の必要は無いと思います。いま観ると私的にはこちらも斬新な感じですし、とても見ごたえがありましたよ。

 

 

 

 

 東京第一銀行では、支店で窓口業務担当だった花咲舞が、本部「臨店班」に人事異動となり、当時中野支店で一緒に働いていた相馬健(山本耕史さん)と働く事になりました。

 

その直後に、花咲舞が勤務していた支店での臨店が決まり、銀行へ向かう事に。。。

 

 臨店の職務は、問題を抱えている支店に指導する事(小さな問題を解決する)で、誰もやりたがらない、嫌われ役の仕事です。難しいですよね。

 

 今回は融資の事務ミスによる臨店となりました。がその時に部屋の机の上には「告発文」が置かれていて支店長の藤枝と株式会社エトランとの癒着が書かれていました。

 

それを目にした花咲舞は、相馬健に告発文を見せてすぐに動き出します。先走る花咲舞。。。

 

 調べてみると、内訳表には、気になる融資があり。。。金額がキリの良い1000万円というのが引っ掛かると相馬健がアドバイスをしてくれている。こんなキリの良い数字は丸めたり調整しないと、そうあるものではない。

 

 その後は、行動派の花咲舞と緻密な相馬健が真実を追求して行き、協力者の助けもあり真実にたどり着きましたね。

 

 最後は、非があるにも関わらず横柄な藤枝支店長の言動や態度に花咲舞(今田美桜さん)の感情が爆発していましたね。(図星の嵐です)あんなにハッキリ、物事が言えたらと思うと。。。

 

 

次週のドラマも楽しみです。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 


人気ブログランキング