SDGs検定の合格率は何パーセント?集中的に勉強したいあなたへ

遊び・学び記事

 初めまして!hiromama-miniのブログへ訪問、ありがとうございます。こちらの記事ではSDGsの検定についてお話をしてみたいと思います。

 

SDGsの検定がある事をあなたはご存じですか?私もつい最近検定がある事を知りました。「そうなんだ!SDGsに検定があるんだ!」みたいな感じでした。なんだが新たな発見をしたような気持ちでした。しかし、SDGs検定の合格率は一体何パーセントなんだろう?と気になって調べてみました。

 

 

SDGs検定とは?!

 

<img src="photo.jpg" alt="SDGsの写真">

 

SDGs検定は、SDGs の基本的な理解、世界で起こっている課題やその取組に関する幅広い知識の習得を目指す検定です。

 

SDGsが必要とされてきた背景、なぜSDGs を達成しないといけないのか、そして誰がどのようにSDGsに取り組んでいくのかを、このSDGs検定の受検を契機に、考えていきましょう。

 

https://sdgs-samurai.or.jp/kentei.htmlより一部引用させて頂きました。

 

 「一般社団法人SDGs推進士業協会」がSDGs検定を開催しています、こちらの検定では、SDGsに関わる知識の向上とSDGs活動の必要性について深く学ぶことが出来ます。

 

 現在は世界規模でSDGsに取り組んでいますから、今後、私達がSDGsの活動を進める上で役に立つ知識になり活動にも意味のあるものにできます。「誰一人取り残さない世界」を現実のものとなるように、実現していかなければなりません。

 

まだ検定自体が始まったばかりで2022年2月17日現在では、第八回の検定が始まろうとしています。

受験には「事前申し込みが必要」です。

 

<第八回 SDGs検定の開催>

2022年3月27日(日)

10:30~12:00オンラインにて

一斉開催となります。 

 

 

公式のページへ飛びます。

一般社団法人SDGs推進士業協会 | 士業の力を結集し、持続可能な世界を実現 (sdgs-samurai.or.jp)

 

SDGs検定 (sdgskentei.com)

 

 

SDGsの合格率は何パーセント?

 

 SDGs検定の合格率は「2021年6月13日」に行われた試験では、798名が受験し、195名が合格となりました。この時の合格率は【26%】で平均点が59点となっています。合格者は195名という事です。(https://sdgs-samurai.or.jp/kentei.htmlより)

 

およそ800名近くが受験したら、600名くらいが落ちるんですね。。。厳しいです。

 

 こちらの合格率からみて試験の難しさがうかがえますね。ちょっと勉強したくらいでは受かりそうにありません。過去問題のみならず時事問題が含まれていますので常にSDGsのニュースにはアンテナを立てていないといけませんね。

 

「知識と応用問題」が出題されるので理解度が必要になります。応用問題は難しいんでしょうね、きっと。

 

 

そもそもSDGsとは?!

 

<img src="photo.jpg" alt="SDGsの写真">

 

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030 アジェンダ」に記載された2016年から2030 年までの国際目標です。

SDGs(Sustainable Development Goals:SDGs)は、持続可能な世界を実現させるための17のゴールと169のターゲットから構成され、誰一人取り残さないことを掲げた世界共通の目標です。

SDGsは、近年急速に広がってきており、2019年以降共通の目標として世界を突き動かすことは間違いないと言われています。SDGs は国家政府や自治体だけが達成するものではありません。

17のゴールの中には「食品廃棄を半減させる」や「育児や介護、家事という家庭内の無報酬労働を評価し責任を分担する」など日常生活にかかわる身近な目標も含まれています。

 

https://sdgs-samurai.or.jp/kentei.htmlより一部引用させて頂きました。

 

2030年までの国際目標を掲げるSDGsは取り組むべき課題ですね。

 

 

SDGs検定の参考書籍

 

SDGs検定の協会が推奨する参考図書です。こちらはあくまでも参考図書のため必ずこの中から出題されるという事はありません。ですが、協会の推奨ですから勉強してみる価値があると思います。

 

SDGs検定の受験をきっかけにSDGsを学んでいただきたく、参考図書として以下をあげています。
なお、全ての図書から出題されるわけではありません。

1:『SDGsビジネス戦略 企業と社会が共発展を遂げるための指南書』

(ピーターD.ピーダーセン、竹林征雄 著 日刊工業新聞社 出版)

2:『SDGs(持続可能な開発目標)』

(蟹江宣史 中公新書 出版)

3:『未来を変える目標SDGsアイディアブック』

(一般社団法人Think the Earth)

https://sdgs-samurai.or.jp/kentei.htmlより一部引用させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGsの検定にかかる費用はいくら?

 

 SDGs検定にかかる費用ですが、「5.500円」となります。(事前の申し込みで受験する事ができます。尚、申し込み時には注意事項をよく読み申し込む必要があります。)

 

オンラインでの開催の為、現状的に会場では試験を開催していませんので、交通費もかかりません。

 

オンラインにかかる通信費は必要です。

 

 

SDGs検定を最速で勉強して合格したい時に活用できるものは・・・

 

 独学で勉強していくのも一つの方法ですが、SDGs検定合格を後押ししてくれる合格セミナーなるものがあります。セミナーを活用すると集中的に勉強に取り組めますよね。

 

日本で唯一のオンライン講座となっています。(2021年11月21日時点)

SDGsについて知識を深めて行きたいとお考えのあなたは要チェックですね!

 

 

 

最後に

 

 私は最近まで【SDGs検定】というものの存在を知りませんでした。何気なくインターネットで検索しているとSDGs検定というものが目にとまり気になったので調べてみました。

 

 第八回のSDGs検定には間に合わないと思いますので、第九回のSDGs検定を目標にコツコツと勉強し、チャレンジしていきたいと私は考えています。

 

 SDGs検定に興味のあるあなたのお役に立てる記事になれば嬉しく思います。最後までお読みいただきありがとうございます。